服装が人に与える印象は、第一印象を大きく左右します。

服装で与える第一印象の大切さ

 

近年婚活はとても身近なものになりました。
昔よりも優良サイトが増え、安心して利用するこができます。

 

婚活の中でも、1対1でマッチングするサービスではなくて、

 

  • 街コン
  • 合コン
  • 婚活パーティー

などの複数の男女で集まって行う婚活が人気となっています。

 

上記などの婚活パーティーは、友達とも気軽に参加できるため、昔のような「婚活は恥ずかしい。」「周りに隠して行う。」といったイメージが払拭されました。

 

婚活サイトをお探しの方は、こちらのページをご覧下さい。

婚活サイト比較

 

 

婚活パーティーに着ていく服装はとてもに重要

婚活パーティーでは、着ていく服装によって結果が大きく左右されることもあります。
より婚活パーティーを楽しむためにも、服装は必ず気を使いましょう。

 

モテる服装の基本とは?

 

 

婚活に限らず、第一印象は非常に大事!

ビジネスマンの研修などによく用いられる人間心理の法則でパレートの法則メラビアンの法則というものがあります。

 

パレートの法則は、第一印象に限った事ではなく、世の中全体の傾向を示したもので、別名「80対20」の法則とも言われています。

 

別名通りパレートの法則というのは世の中のあらゆる物が80対20の比率になっているというものです。

 

具体的な例を紹介すると、

  • 商売において全体の売上の8割は2割の顧客で生み出している
  • 売上の8割は全従業員の2割で生み出している
  • 仕事の成果の8割は費やした時間の2割で生み出している

などといったことがあります。

 

そのパレートの法則に基づいた内容で、「商談の8割は第一印象で決まり、セールストークは2割の影響力しかない。」という言葉があります。

 

これはどのような事かと言うと、人間は誰もがレッテルを貼りたがり、一目見た瞬間に「この人はこういう人なんだ。」という印象づけをします。

 

ビジネスにおいても、商談で顧客と会った瞬間に、顧客は営業マンの第一印象でレッテルを貼ります。

 

「仕事ができそうだ」「親身になって相談にのってくれそう」「若くて爽やかで応援したくなる」など良い印象を持ってもらえることもあれば、「この人は怪しい」「腹黒そう」「信用ならない」などの悪いレッテルを貼られてしまうこともあります。

 

そして、一度付けられたレッテルを覆すのはとても難しく、そのため第一印象はとても大事なのです。

 

一度悪いレッテルを貼られてしまうと、どれだけ良い商品のプレゼンや営業トークをしても、「嘘くさい人が言っているから。」「信用できなそうな人が言っているから。」とレッテルが邪魔をして、商談もなかなかいい方向には進みません。

 

しかし、良いレッテルを貼られていると、多少セールストークが苦手でも、商品の欠点をごまかしたりしても、「この人が言っている事なら信用できる。」「この人は一生懸命にこちらのメリットも考えてくれている。」など、良い方向に捉えてもらえやすくなります。

 

 

これは婚活でも当てはめる事ができます。

 

第一印象が良い人は、欠点があったとしても余程の欠点でない限り、そこまで気になりません。しかし、第一印象が悪い人は、いいところがあったとしても気づいてもらえなかったり、関心を持ってもらいにくくなってしまいます。そのため、婚活パーティーもファーストインプレッションで8割印象が決まるといっても過言ではないのです。

 

この第一印象に特化した理論を唱えているのが「メラビアンの法則」です。

 

メラビアンの法則とは、会話の内容や声のトーンよりも目から入ってくる印象の方が強いということで、第一印象の法則とも言われています。

 

恋愛

具体的には、敬語や正しい日本語を使用するなどの会話で相手に与える印象の割合は全体の7%程で、会話のピッチや声のトーンが与える影響は38%、顔の表情やボディーランゲージから入ってくる印象は55%ととなっています。

 

表現を変えて説明すると、
頭で考える言葉の使い方が与える影響は7%
耳から入ってくる情報(相手の声のスピードや声の高さ、アクセントの付け方等)が38%
目から入ってくる情報(相手の見た目・表情・仕草)が占める割合は55%
となっています。

 

これは婚活にもあてはめる事ができ、見た目がよく清潔感もあり、好印象を抱いている相手が優しい表情で話かけてくれたら、日本語の使い方が多少違っていても全く気になりません。

 

声の高さや話すスピード、滑舌の良さ、声の質というのも重要な役割をしますが、それでも見た目からの印象の方が相手には強く残るのです。

 

 

美人だから許せる・イケメンだから許せるというのは「メラビアンの法則」

同じ「バカ」といわれても、高い声で冗談混じりに言われるのと、不愉快そうな顔をして冷たい声で言われるのとでは、全く意味が異なるということです。

 

上記は極端な例えですが、服装をきちんと整えて、外見のイメージをよくしていれば、言葉の選択をもし間違ったとしても多少は問題ないこともあります。しかし、外見の印象が悪いと、相手を褒めたり、面白い話をしたとしても、相手には響かないのです。

 

 

婚活では「第一印象」が非常に大切

服装

服装は、イケメン・美人というのは関係なく、清潔感や爽やかな雰囲気、女の子らしいイメージなどの印象を作りだします。

 

相手に「この人は服センスがないな…。」と思われ、一度レッテルを貼られてしまうと、どれだけ会話を頑張っても効果は少ないのです。