男性に家庭的な印象を与えるには、服装などに気を使い見た目で印象付ける事も可能です。特に婚活パーティーなどでは見た目からアピールする事が有効です。

若い世代の恋愛よりも効果が高まる、家庭的な印象を与える女性の服装

男性が婚活に求める女性の理想として、多くの人が家庭的な女性を好みます。

 

若いグループの恋人探しの合コンなどでは、あまり家庭的な面を重視する人は少ないですが、家庭的な印象が悪い印象に繋がる事は絶対にありません。

 

特に結婚を意識したような年代や結婚を意識したパートナー探しでは多くの男性が若い頃に思い描いていた理想より家庭的な女性を求める部分が強まっている事が多いです。

 

服装から家庭的な印象を与える事ができるととても好印象で婚活を有利に行えます。

 

 

 

家庭な印象を与える服装は、細かい事にまで気を遣った総合力が求められます。

逆に少しでも大雑把な性格の一面が服装や身だしなみに現れると家庭的な印象は一気に薄れてしまいます。家庭的な印象を具体的に説明すると、基本的なスタイルとしてはシンプルで地味な服装が適しています。

 

家庭的というのは倹約家という要素も含まれています。
明らかに全身格安ブランドで固めるのはよくありませんが、ブランドものや明らかに高価そうな洋服でかためるのは家庭的なイメージではなくなってしまいます。

 

「家庭的=女の子らしい」という部分もありますので、「愛らしい服装」で紹介している内容の服装で大体家庭的な印象も合わせて出す事は可能になってきます。

 

服装の傾向としては、「愛らしい服装」と共通している部分も多いですが、家庭的な印象を与えるためにはさらに細かいところに気を使う必要があります。

 

例えば洋服にシミが残っていたり、ヨレていたりする洋服を着てしまうのは一気に家庭的な印象を失います。新品の洋服を着ていても、畳まれてあった線のシワなどが残っているのもよくないです。

 

しっかりアイロンをかけるなどしてコンディションの良い洋服を着る事が大事です。
新品よりも手入れされている洋服の方が印象がよく、柔軟剤などをたっぷり使用して洗濯をされた服を綺麗にシワをなくして着こなす事が理想です。

 

 

 

服だけではなく小物やその他の身だしなみもそうです。

ネイル

爪は多少のネイルは良いですが、伸ばしすぎたりデザインにこだわりすぎたネイルアートなどは洗い物などの水回りを触る事や一般的な家事をやらない印象を持たれてしまいます。

 

あまり目立ちすぎる派手な爪はおすすめしません。

 

 

 

 

靴も汚れていたり疲れていると印象が悪くなります。

愛らしい服装でも紹介している内容ですが高すぎるヒールも男性からの印象はあまりよくありません。

 

カバンも重要で、汚いカバンは印象が悪いですしカバンをあけた時に整理整頓ができていないと、家庭的ではない印象を与えてしまいます。

 

見える部分から、あまり見えない部分まで気を使うのが重要になってきます。

 

些細な事に思える内容でも、男性というのは、特に結婚適齢期前後の年代の本気で婚活をしにきている人は、ちょっとした仕草や身だしなみまで細かく見ているので、あまり妥協はせずに、細かい部分まで気を遣った服装や身だしなみを整えることが家庭的な印象を与えるための第一歩です。

 

 

【男性編】誠実さを印象づけることができる服装