このページの特徴に当てはまる男性は、同性受けが悪いかもしれません。

同性ウケが悪い男性の特徴

同性ウケが悪い男性の特徴について具体例を挙げつつまとめて行きます。

 

女グセが悪い

ナンパや出会い系の女遊びを自慢する男性は、同性からのウケが悪いです。
女性に対して関心が強いこと自体は問題が無いでしょう。

 

何が問題かと言うと、女性を軽視している態度が反感を持たれる原因になっています。
バカな女都合の良い女などの表現をしたり、可愛くなかったブサイクだった、などと自分を棚上げした発言をしたりするのも不快に感じられます。
女グセが悪いクズと思われれば、周囲の評価がいつの間にか下がってしまいます。
女性を貶めるような発言は人間性を疑われるので注意しましょう。

 

何かと正論を言う

男性に多いのが物事をすべて理屈で考えてしまい反感を持たれるケースです。
同性からだけでなく女性からも面倒だと思われがちなので覚えておきましょう。

 

世の中の出来事には、理屈で語るべき時と感情で語るべき時があります。
その区別が出来ずに理屈で正論を言うだけだと話が通じない目障りなやつだと思わるでしょう。

 

何かと具体的な解決案を言いがちなので注意して下さい。

 

自己中心的な会話

自己中心的な男性

自分自身では気付きにくいですが、自己中心的な会話をして嫌われている男性は多いです。
嫌味ったらしい発言や揚げ足取りが好きな男性は、同性から非常にウケが悪いと言えます。

 

こうした特徴を持つ男性は2タイプに分けることが可能です。
1つは常に会話の中心に居たいタイプで、偉そうに断言口調で喋ったり相手の挙げ足を取って優位に会話しようとしたりします。
そしてもう1つのタイプは、自分以外の人をバカだと思っている一匹狼気取りです。
このタイプは積極的に会話をしませんが、口を開くとネガティブなことばかりなので嫌われやすいのです。

 

自慢話ばかりする

自慢話の中でも、特に同性ウケが悪いのは仕事の話となります。
仕事の成功談やそこで得たコネクションを自慢するのは、同性から強い反感を買いやすいです。

 

男性は仕事がステータスでありプライドになっている人も多いでしょう。
そうした状況で仕事の成功を自慢されると、素直に喜べない気持ちになってしまうのです。
ちなみに、相手の成功を無闇に妬む男性も同性ウケが悪いので注意して下さい。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

このような特徴を持っている男性は同性からのウケが非常に悪いので注意しましょう。
空気を読んで笑ってくれているだけで、内心は嫌がられている恐れすらあるのです。
遊びや飲みに誘われなくなっているようなら、同性ウケが悪くなっているのかもしれません。

 

最低限のマナーやデリカシーを持って日々を過ごすようにしてみて下さい。
少なくともここで挙げられた内容の会話はしないように心掛けましょう。