同性ウケが良くない女性には、以下のような特徴が見られることがあります。

同性ウケが悪い女性の特徴

同性ウケが悪い女性の特徴について具体例を挙げつつまとめて行きます。

 

あざといぶりっ子

ぶりっ子な女性

昔から言われていますが、あざとい女性ぶりっ子な女性は同性ウケが非常に悪いです。
天然であろうと狙ってやっていようと反感を買ってしまうので注意しましょう。

 

どことなくズル賢いイメージを持たれており、男性に上手く媚びているという評価を受けます。
男性を利用しようとしていて、それが実際に上手く行ってしまうから余計に嫌われるのかもしれません。

 

一部の男性からも反感を買いますが、大抵は好意的に受け入れられるでしょう。
同性ウケは悪いですが、異性ウケは良いので諸刃の剣になりそうです。

 

すぐ泣いてしまう

泣くことすべてが悪い訳ではありません。
映画を見て泣いたり、嬉しいことがあったりした際に泣くのは感情豊かで好印象に受け取られるでしょう。

 

同性ウケが悪いのは仕事で失敗した時や、自分の都合が悪い時に泣くパターンです。
仕事のミスで泣いたり、泣きながら男性に助けを求めたりすると同性ウケが悪くなります
これは泣いてごまかそうとしていると判断されてしまうので注意して下さい。

 

価値観を押し付けて来る

自分の価値観が絶対だと信じており、それを周囲へ押し付けて来る女性も同性ウケが悪いです。
例えば、恋愛や結婚をしないと人生が楽しくないと断言するような言動が該当します。
他にもエステや旅行など、自分の楽しいと思うものが全員の幸せだと思って行動する女性は敬遠されがちです。

 

価値観は人それぞれなので、それを否定する言動は避けた方が良いでしょう。

 

化粧をしない

化粧や身だしなみを気にしない女性は、意外と周囲の女性から反感を買っています。
職場や外出時は化粧をしたり身だしなみを整えたりする、という価値観が日本社会には根付いているのです。
近年では化粧をしない選択をする女性も少しずつ増えていますが、まだまだ少数派ではないでしょうか。

 

化粧は最低限のマナーという認識があるため、化粧をしない女性に対して強い不快感があるのかもしれません。
自分らしさを貫くことも大切ですが、周りから反感を買わない程度には化粧をした方が良いでしょう。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

もし該当する特徴を持っているようであれば、冷静に自分自身を見直してみると良いです。
女性は周囲に合わせる協調感覚が強いので、反感を買っていてもなかなか気付けないでしょう。
同性ウケが悪いと感じているなら、何かしら原因があるので考えてみて下さい。

 

時にはストレートに何が悪いかを聞いてみるのも解決の糸口になるはずです。
ただし、同性ウケが悪くても男性ウケが良いケースもあるので、最終的には自分らしさを貫くのもありではないでしょうか。

 

同性ウケが悪い男性についてはこちら